目元のたるみを取り除く|メイクする時に行いたい保湿対策!効果のあるおすすめ化粧水

目元のたるみを取り除く

目元を触る女性

目の下のたるみは美容の大きな悩み

目の下の「たるみ」は女性が抱えている肌の悩みの中でも、特に切実な悩みとして挙げられているものの一つです。たるみがあると、年齢以上に老け顔に見られてしまいますし、やつれて見えてしまうために大きな美容上の問題となります。さらにそれだけではなく、さらに目元のクマを生み出す原因にもなります。そのため、適切なケアで対処して、取り除いていくことが必要です。

涙袋もたるみの原因になる

目元をさらに魅惑的に彩る涙袋は多くの女性の憧れの対象です。しかし実は、涙袋はたるみの原因となっていることも多いのです。涙袋は薄い皮膚の下にある眼輪筋と呼ばれる筋肉です。この筋肉はまぶたを開け閉めしたり、目元を支えたりする役割を持っています。しかし、老化や疲れ目などによって筋力がおとろえてしまうと、大きくたれさがってしまいます。涙袋が大きい人は、その分だけケアもしっかりと行わなければなりません。

美容液選びが特に効果的

たるみを解消するもっとも効果的な方法は、よい美容液をふんだんに使用することです。目の下の美容液には、肌のハリを保つコラーゲンやヒアルロン酸などの成分が含まれています。これらの成分は肌に栄養を与えて、より健康な状態へと近づけるのです。とくに皮膚が薄い目元は老化によるハリの減少が顕著なため、美容液の使用が効果的なのです。

目の下のたるみを引き起こす原因ランキング

no.1

皮膚の老化による現象

第一位となる原因は、皮膚の老化によっておこる現象です。コラーゲンやヒアルロン酸などの減少が挙げられます。これらの肌のうるおいを維持して皮膚のハリを支えている成分の減少が、たるみの最大の原因なのです。そのため美容液による補充が大切なのです。

no.2

靭帯のおとろえ

第二位は、目の下を持ち上げている靭帯がおとろえることです。これによる皮膚の下の脂肪の突出と、肌全体で起きているたるみに引きずられることが、たるみの大きな原因となっているのです。

no.3

目の下の脂肪の増加

目の下に脂肪がたまってしまうことも原因の一つです。目の下の皮膚は薄く、筋肉で支えられていることで形を保っています。そのため、目の下に脂肪がたまりすぎてしまうと、その重さに筋肉が耐え切れなくなってしまい、皮膚がたるんでしまうのです。

no.4

眼精疲労

疲れ目も、目の下のたるみを生み出してしまう原因となります。目を酷使することは、まばたきの減少や血行不良などを招きます。まばたきの減少は筋力の低下を促し、血行不良は新陳代謝の低下を招きます。そして、皮膚のたるみを生み出してしまうのです。

no.5

化粧品が合わない

使用している化粧品が合わないことも、肌にダメージを与えてしまう原因となります。余計な成分が含まれていない、肌に優しいものを使用することを心がけるべきです。また強くこすりすぎてしまうことも、目の下を傷つける原因になります。

たるみを効果的に取る方法

美容液を使用すること

たるみの改善にもっとも重要なのが、美容液の使用です。手の平に乗せて十分に温めてから使用することがコツです。また目の下の皮膚はとても薄いものです。そのため、こすりつけるのではなく、優しくなでるようにして使用しましょう。

血行マッサージをする

目の下のたるみを取るためには、血行の改善が重要です。血行を良くするマッサージを行いましょう。目元に触らずに顔の血行を良くするツボ押しマッサージが特に効果的です。また血行の改善は、クマにも効果的です。

目の下を適度に温める

血行の改善はマッサージだけでは不十分です。目元を冷やしてしまうと、血行がさらに悪くなってしまいます。そのため、温かい蒸しタオルを目元に乗せるなどして、目元の血行を改善し、目を休ませてあげることが重要です。

まばたきを意識する

まばたきの効果は、目の表面のかわきを防ぐことだけではありません。まばたきには、目元の筋力を鍛えるという効果もあります。そのため、長い時間目を開けたままにはせずに、適度にまばたきをすることが必要です。

食品にも気を付ける

目の下のたるみを取るためには、皮膚だけではなく、身体の中も改善していかなければなりません。抗酸化作用の高いバナナやホウレン草などの食材を積極的に取ると、紫外線からのダメージを抑えてくれるので、特に効果的です。

広告募集中