化粧水をつかいこなす|メイクする時に行いたい保湿対策!効果のあるおすすめ化粧水

化粧水こそ肌の基礎

化粧水は、肌を保湿してハリとうるおいを守る基礎となる化粧品です。この基礎を守ることこそが、肌の健康を守ることなのです。そのためにも、化粧水を選ぶときに重要なポイントと、化粧水の上手な使い方を身に付けましょう。

化粧水選びのポイントランキング

no.1

第一位「保湿力の高さ」

化粧水選びのポイントランキング、その第一位は「保湿力の高さ」です。化粧水で一番大事な条件は、保湿力を高めること。そのためにも、肌の奥までしみ込む化粧水を使うことが大事です。最近話題になっているappsなどが配合された製品なら、間違いはないでしょう。

no.2

第二位「低刺激」

化粧水選びのポイントランキング、第二位は「低刺激」であることです。肌は外部の刺激に敏感です。余分な成分が入っている化粧水を使用すると、むしろ肌にダメージを与えてしまいます。香料や着色成分を使用していない、刺激の少ない化粧水を使用しましょう。

no.3

第三位「肌のトラブル」

化粧水選びのポイント、第三位は「今抱えている肌のトラブル」です。化粧水も肌質やトラブルにあわせて、さまざまな製品が開発されています。乾燥肌やニキビ、くすみなど、その時に抱えている肌トラブルにあわせて化粧水を使い分けることも大事です。

no.4

第四位「使用感」

化粧水選びのポイント、第四位は「使用感」です。朝晩と何度も使用することになる化粧水は、使い心地の良さも大事な条件です。さっぱりとした化粧水があう人もいれば、しっとりとした化粧水があう人もいます。自分が使っていて気持ちの良い化粧水を探しましょう。

no.5

第五位「成分が明確」

化粧水選びのポイント、第四位は「成分が明確」であることです。どれだけ効能を強調していても、配合された成分をはっきりと表示していなければ、信用することはできません。使用している成分と、その効果をはっきり説明している会社の製品を選ぶべきです。

化粧水をつかいこなす

スキンケアする人

化粧水はたっぷり使用しよう

化粧水は、肌の表面を軽く覆うぐらいの量ではいけません。化粧水は肌の水分を補うためのものです。なので肌の中にまで、しっかりとしみ込ませなければならないのです。化粧水は少しずつ使うのではなく「少し多いかも」と思うぐらいの量で、たっぷりと塗りこんでいきましょう。

塗り方を使い分けよう

化粧水を塗るときは手とコットンを使い分けることも、大事なポイントです。基本的には、化粧水を使用するときは手で塗ります。なぜなら、顔と同じ本人の皮膚である手のほうが刺激が少なく、相性が良いのです。また手の上に化粧水を広げることで、ちょうどよい人肌の温度にすることができます。

こういう時はコットンで

しかし、いつでも手で塗ることが正解とは限りません。手荒れなどがひどいときは、手の表面がガサついているため、顔の肌も傷つけることになってしまいます。また、しっとりとした化粧水を手の平に広げると、べたつきが気になることもあります。化粧水を購入するときは、コットンの残量もしっかりと確認しておきましょう。

広告募集中